係り受けを調べる

係り受けを調べる文章を入力してください。チェックボタンを押すと修飾子と被修飾子の関係を図で表示します。意図したどおりの係り受けになっているか確認できます。ここをクリックして例文を挿入し、「係り受けを調べる」ボタンを押すとデモがご覧になれます。

使い方

  1. テキストエリアに係り受けを調べたい文章を貼り付けてください。文字数は300文字までです。
  2. 画面下部の「係り受けを調べる」ボタンを押してください。
    kakariukeInput
  3. 文章が分節に分解され、係り受けが図で表示されます。不自然な係り受けがないかを図で確認し、あれば文章を修正してください。
    下図は、不自然な係り受けを含む以下の例文の結果を表示した図です。
    小学生の憧れの職業には、野球選手やサッカー選手などのスポーツ選手、あるいは、学業が優秀であればなれる医師や弁護士など高い収入を得ることも可能です。
    kakariukeNG
    係り受けとは、一つの文の中で2つの文節が関係づけられている状態のことで、矢印は「係る文節」→「受ける文節」を表します。 図で示されている「得る→ことも」が係る言葉は、述語「可能です」に係っており正しい状態です。 しかし、「職業には」も「可能です」に係っており、文がねじれた不自然な状態です。 係り受けの図は、文のねじれを気づかせてくれますので、おかしいと思ったら文章を修正して下さい。残念ながら自動的に修正はできません。(T_T)
    修正例としては、下記のようになります。
    小学生の憧れの職業には、野球選手やサッカー選手などのスポーツ選手、あるいは、学業が優秀であれば医師や弁護士など、高い収入を得ることが可能な職業もあります。
    kakariukeOK